1. HOME
  2. 病院理念

病院理念

責任、目標、使命

責任を果たす

仕事に対して責任を果たすことは当たり前ですが、私たちの仕事は命にかかわる仕事ですので、常に責任を果たすという気持ちで取り組んでいます。


  • 予防および治療を通じて、ペットが健康で豊かな生活を送れるようにする
  • お預かりしたペットが安全で衛生的な環境で過ごせるようにする
  • 飼い主さんが病気や治療について理解し、最善の方法を選択できるようにわかりやすい説明をする
  • 検査だけに頼らず、身体検査や飼い主さんの話に耳を傾け、常にあらゆる可能性を考える
  • 最善の治療を行うために、知識や技術の向上をめざす
  • どんなに重篤でも治療を最後まで諦めない
  • 当院で治療困難と判断した場合には、速やかに専門的な治療を行える機関を紹介する
  • 飼い主さんが不快に感じない丁寧で明快な応対、衛生的な院内を保ち来院しやすい環境を作る

目標

新宿の小滝橋で開院し12年、徐々に設備の充実化を計りながら、より高度な超音波診断装置や内視鏡、透視撮影も可能なレントゲン、画像診断のデジタル化、3ヶ所の手術室などを揃える事ができ、可能な限り病気の子を助けられるよう治療にあたっています。
数年後までに超音波手術システム、人工心肺装置、CTの導入や病院の拡張、手術室のクリーンルーム化などを計画しています。 これからも小滝橋の地で、より高度で専門的な医療を追求し、来院するペットがどんな病気でも全て助けられるような病院を目標としています。

獣医としての2つの使命

ペットを家族として可愛がっている飼い主さんとそのペットに対し、より高度で専門的な医療を提供する事が、獣医としての第一の使命であると考えています。
そして重篤なペットに最大限の治療と看護を行い、そのペットを助けた時に、とても大きな喜びと達成感が得られます。
しかし、その時に飼い主さんの笑顔や感謝の言葉がいただけないようであれば、意味がありません。
獣医としての第二の使命は、飼い主さんから信頼を得られる説明と人格を備える事だと考えています。