1. HOME
  2. ブログ
  3. 臨床報告
  4. 門脈体循環シャントの症例についてご紹介します。

門脈体循環シャントの症例についてご紹介します。

今回は門脈体循環シャントという少し珍しい病気について紹介いたします。

初めにこの病気で重要となる肝臓と血管について簡単にお話させていただきます。

肝臓は代謝、解毒など沢山の仕事をしている身体にとって重要な臓器です。

全身を巡る血液のうち、消化管から吸収した栄養や蓄積した老廃物を含んだ血液は、門脈という血管を通って肝臓を経由してから代謝されて心臓へと返って行きます。

さて、今回の病気である門脈体循環シャントとは、肝臓で代謝されるはずの栄養や老廃物を含んだ血液が、肝臓を経由せずに迂回路の血管を通って心臓に返ってしまう病気です。この迂回路の血管をシャント血管といい、血液が肝臓によって代謝されずに全身を巡ってしまいます。

これによって、栄養が不十分のため他の子に比べ体が小さかったり、また、アンモニア等の老廃物が蓄積してしまうことで、脳を流れる血液中にアンモニアが巡り神経症状が出たります。

今回のワンちゃんは嘔吐を主訴に来院されましたが、

血液検査にて偶然、アンモニアの数値上昇が認められました。

また、レントゲン検査にて肝臓が小さく、肝臓の代謝状態を示す総胆汁酸濃度の測定も異常値を認めました。

以上の検査結果から門脈体循環シャントを強く疑い、また超音波検査にてシャント血管を疑う血管を確認し、手術を前提に実際どこにシャント血管があるのか等を確実に把握するためにCT検査を行いました。

これはCT画像です。

緑の血管がシャント血管です。

 

今回このシャント血管を遮断する手術を行いました。

 

シャント血管を縛った際に門脈血圧(門脈圧)が上がり過ぎないように門脈圧測定の準備をしているところです。

 

シャント血管の写真です。ここを糸で結紮して

シャント血管を遮断しました。

 

手術後はアンモニアの数値が下がり、元気よく生活しています。

 

門脈体循環シャントという病気は、食欲があるのに他の子と比べてなかなか大きくならなかったり、食後に震えやふらつきなどの神経症状が出たりといった症状があります。若い子で、そのような症状が見られた場合は、病院を受診してみてください。また、症状がなく、一見健康そうであっても、血液検査やレントゲン検査から偶然病気が見つかる事があります。1年に1度は健康診断を行うことをおすすめします。

 

執筆担当 本田

コメントは受け付けていません。