1. HOME
  2. ブログ
  3. 2012年2月

膀胱ではなく!腎臓から膀胱まで尿を運ぶ尿管に、結石ができてしまった猫の症例

こんにちは

最近めっきり寒くなってきました。寒くなってくると動物たちも体を冷やさないようにするため、色々な行動をとります。その一つとして、水をあまり飲まなくなります。すると尿をつくる量が減るため、どうしても膀胱の中に尿を貯めている時間が長くなり、膀胱に結石ができやすくなってしまいます。膀胱にできた結石は、膀胱の粘膜を傷つけたり細菌の温床になったり、男の子では尿道につまってしまうことがあるので、是非注意して下さい。

さて今回はその膀胱ではなく、腎臓から膀胱まで尿を運ぶ尿管にその結石ができてしまった猫の症例が続いたので紹介します。

> 続きを読む